#データをバリューに

情報経済AIソリューション寄付講座は、
東京大学大学院情報学環に開設された
プロジェクトです。

今日の情報化社会では、GAFAや中国企業を筆頭に、国際的に「AIソリューション」と呼ばれるシステムが生産性の向上を伴う高い経済効果を及ぼしています。本寄付講座では、毎年公開講座を実施し、各学生に対して経済経営・技術の両面から文理融合型の教育を実施します。また、情報経済的観点から、AIの定量分析の基礎研究を実施します。これらの活動を、AIソリューションについて工学分野・産業分野の両面から広範な知見を有する専門家と実施します。

お知らせ

  • 2019/7/3 ウェブサイトの公開を行いました。
  • 2019/4/1 寄付講座の立ち上げを行いました。
  • 2019/4/1 寄付講座の立ち上げを行いました。

関連講義

社会情報学特論 II
(2019/7-8)
公開講座
(2019/10 開講)
公開講座
(2019/10 開講)

AIソリューションとは

AIソリューションとは機械学習・ディープラーニングのようなAI技術と、クラウドサービス・ブロックチェーン・IoT・モバイルのようなICT技術を組み合わせることで得られるソリューションのことをいいます。

我々が取り扱う社会的イシュー

人材不足
たとえば、ユーザ企業の社内にICT人材が少なく、開発・利用の速度や柔軟性が不足しています。また、AIやブロックチェーンの開発・利用に関わる技術者だけではなく、経営全体の観点からAIやブロックチェーンなどの技術の活用意義を理解して利活用の全体像を構想できる人材も不足しています。さらに、人材が不足しているがゆえに、データの収集・加工、モデルの作成や、事業プロセスの再構築などに時間がかかるAIの開発・利用に取り組めません。
価値測定方法の不整備
AIソリューションの経済的価値をいかに創造し、その価値はどのように測定されるべきかという、情報経済学的な課題があります。伝統的な経済学やそれに基づく現在の統計データなどは、機械設備など有形物(tangibles)を前提にしており、経済効果の計測もこうした有形物が中心となっています。本来、AIによって生み出される価値は、機械などのtangiblesよりは、知識や新たなサービスなど無形物(intangibles)が多くなる。こうしたintangiblesの経済的価値を生み出すインセンティブ・メカニズムについては新たな枠組みが求められています。また、その価値を成果としてどうやって計測するのかは、これからの社会設計を検討する上で重要であるにもかかわらず、未だ解決されていない点も多いです。
価値測定方法の不整備
AIソリューションの経済的価値をいかに創造し、その価値はどのように測定されるべきかという、情報経済学的な課題があります。伝統的な経済学やそれに基づく現在の統計データなどは、機械設備など有形物(tangibles)を前提にしており、経済効果の計測もこうした有形物が中心となっています。本来、AIによって生み出される価値は、機械などのtangiblesよりは、知識や新たなサービスなど無形物(intangibles)が多くなる。こうしたintangiblesの経済的価値を生み出すインセンティブ・メカニズムについては新たな枠組みが求められています。また、その価値を成果としてどうやって計測するのかは、これからの社会設計を検討する上で重要であるにもかかわらず、未だ解決されていない点も多いです。

問い合わせ

ただいま、講座スタートに向けて鋭意準備中です。詳細が決まり次第、このサイトや学内ポータル、学内掲示板などを通じてお知らせいたします。

学生のサポートをしたい、とお考えの企業担当者様からのご連絡もお待ちしております。未来をつくるリーダー候補を育成する当講座のスポンサーになることをご検討の場合も、問い合わせフォームまでご連絡ください。詳しい条件などについて、後日連絡いたします。

問い合わせ内容により、お返事をするのに3日ほど時間がかかる可能性があります。ご了承ください。